займы с плохой кредитной историей

”あれ”と”アレ”を足すとこうなってたかも….。

 

 

 

 

 

 

様々なゲーム機メーカーが、

最新のテクノロジーを搭載し、リリースするものの

誕生しては消え、誕生しては消えていく。

 

 

 

 

そんな中、未だ確固たる地位を築いているこちらのメーカー。

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「そうだったの!?」ってお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「SONY(ソニー)」と「任天堂」といえば、

ゲーム機業界を長年牽引する2大巨頭。

 

 

 

そんな両社がかつて共同開発を進めるも、

陽の目を見ることのなかった幻のゲーム機、

その名も”任天堂プレイステーション”が、

アメリカ・ダラスを拠点とするオークションハウス

「Heritage Aucton」へ出品され、大きな話題を呼んでいます。

 

 

そんな、”任天堂プレイステーション”がこちら。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まんま、スーファミですが(笑)

機能としては、スーパーファミコンとの互換性をもつ

CD-ROMドライブ搭載ゲーム機として開発が進められていた

“任天堂プレイステーション”。

ROMカセットとCD-ROMが両方使えるって、

当時にしたら、あまりにも斬新すぎたこのプロダクト。

 

しかし、道半ばで両社は袂を分かつこととなり、

開発計画は空中分解……。

 

 

 

 

わずか200台の試作機が制作されるも、

そのうち199台が破棄されたため、

今回登場した1台はゲーム機として

類を見ないほどの希少価値を持つこととなりました。

 

 

 

 

今回オークションに出品されるのは、

現存する最後のプロトタイプと思われる1台。

元々は「SONY」の元CEOであるOlaf Olafssonが所有していましたが、

彼がのちに役員を務めた

「Advanta Corporation」の破産に伴うオークションにて、

同社の社員であったTerry Dieboldがたった75ドルで落札したとの事。

 

 

 

肝心なオークションの方ですが、

現時点で入札価格が、35万ドル(約3,800万円)!!!!!

 

 

一体、いくらまで値段が跳ね上がるのか……。

 

 

機になる方は、こちらのオークションサイト をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

このゲーム機が、実際に発売されていたら

今とは考えられない流れになっていたかもしれませんね。