займы с плохой кредитной историей

あなたは、どの”映画”がお好き??

 

総合映画情報サイト『映画.com』が、

“必ず観るべき”名作映画1,200作品を選出した

“映画.com ALLTIME BEST”を発表しました。

 

 

選出対象は、

“1900年ごろから2019年までに公開された映画のうち、

2020年4月時点で、

日本国内においてネット配信やDVDで鑑賞が可能な作品”がエントリー。

 

 

気になる選出方法は、

まず映画評論家と『映画.com』スタッフが候補作品をノミネートし、

その中から『映画.com』編集長を中心とした選考委員が、

アカデミー賞や世界三大映画祭などでの受賞実績や

同サイトのユーザーレビューなどをもとに選定しているとのこと。

 

1,200作品ということで、

映画黎明期の名作から最新のヒット作まで、

幅広いジャンル/年代/国を網羅。

 

ちなみにエントリー作品の一部は、

『アラビアのロレンス』『市民ケーン』『理由なき反抗』

『ローマの休日』『七人の侍』などの往年の名作や、

『クレイマー、クレイマー』

『スラムドッグ$ミリオネア』『ラ・ラ・ランド』『ロッキー』

『スター・ウォーズ』『時計じかけのオレンジ』『2001年宇宙の旅』

『ブレードランナー』『フォレスト・ガンプ 一期一会』

『パプリカ』『アナと雪の女王』『君の名は。』といった

みなさんが一度は見たことあるであろう作品が

選出作品の一部として挙げられています。

 

ちなみに国内映画は222作品がリスト入りしています。

 

特設サイトをチェックしてみて、

ストリーミングサービスでも、

さまざまな作品が配信されているので

GW期間中に観たい作品を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

一度、見たことある作品を見直すって事もいいですよね!!!