займы с плохой кредитной историей

SLAP SKATEBOARD MAGAZINE

LRGスケートチームのノースウエストツアーの模様がSLAP SKATEBOARD MAGAZINEのウェブサイトで特集されました。

ページごとの翻訳をつけましたので、ぜひチェックしてみて下さい!(画像のクリックでSLAP SKATEBOARD MAGAZINEのサイトに飛べます。)

1:LRGスケートチームの一行は、彼らのビデオ” Give Me My Money Chico”のプロモツアーの最後をノースウエストで締めくくりたかった。最高のフランネルの服に身を包み、クルーはまず、容赦ないシアトルの街に繰り出した。
Rob Gは旅のほとんどの間”Sir Mix A Lot”の曲を聴いていた。”My Posse’s On the Broadway”という曲はSeattleの旅のバイブルみたいだった。ポートランドではバーンサイドに立ち寄った。シアトルのスケートショップGoodsのSteve、Jesse Bracewellに感謝!

2:

3:ここはシアトルのスケートスポットで、セメントの手すりなんだけど、滑らかでもなくってトリックするのには変な感じなんだけど、JACKは最終的にFakie5-0を決めやがって。。。決めた後はみんなで道路の向かいのチキン屋に食べに行ったんだけど、かなり美味しくてヤバかったよ。もしこの場所に来ることがあれば、トリック決めて、チキンを自分へのご褒美にしてみて!

4:これはAdelmoがスケートしてるところ。ポートランドのめちゃくちゃデコボコのこぶがあるバーで、極度の難関だよ。スケートするにはすごく変な感じでレイルの上はものすごいデコボコ、すごく高いのにスケートするにはショートレイルなんだ。でも彼は問題なくトリックしていったけどね!

5:Andrew LangiがBackside Nosebluntをやっているんだけど、実際にどこのスポットかはよくわからないんだけど、バスケットのコートみたい。実際にスケートするにはすごくクールなスポットで僕たちもここで長い間スケートしたんだ。彼の盛り土に入ってるところは要チェックだよ!

6:再びシアトルでJack CurtainがSwitch Varial Heelflipをこのギャップの手すりからものすごいデコボコな斜面へトリックを決めていったよ。ノースウエストで何かを決めたいと思ったら、かなりの努力が必要。究極に難しい場所だからね。衝撃や怪我もあるだろう、でもJackは怪我なしでこのトリックを完璧に成功してきたんだ!

7:Jasse Bracewellはポートランド出身でヤバいライダーの一人だよ。僕たちがポートランドにいた時はちょっとしたツアーガイドもしてくれたよ。50/50 Manualをフラットなレイルで決めたあと、50/50 Kick Flip Outを試みたんだけど結局だめだった!畜生って感じだけど、でもこういう事はストリートではよくあることだってことさ。

8:Josh Anderson はシアトル出身のライダーでLRGの友達と一緒にシアトルからポートランドに来てくれたんだ。シアトルを案内してくれたよ。彼はちょっとしたトリックをコブがあるところから難しい手すりにBackside lipslideを決めていったんだ!これはマジでスケートするには究極に難しい場所。もしトライしたかったら、やってみてみればいいかも、マジでどのくらい厳しいかってことかわかるだろう。Josh Andersonは無敵だけどね。

9:Langiはポートランドのバーンサイドでスケートをしたかったんだ。この日雨が降っていたか、降っていなかったかは確かじゃないけど・・・俺たちがスケートし始める前に一人のホームレスがいて、腐った肉を料理してて俺とLangiはそれで幻想おかしくちゃったよ、彼、かなり狂ってたし。肉にはなんか茶色のが生えてるしマジであり得ないって思ってたけど。しかも、そのホームレスが「料理するときは悪いもの全部入れても何も考えないで料理すればいいだけ」とか言ってるし・・・。マジで俺とLangiはおかしくなっててホームレスの飯を食べるべきかって、、、食べなかったけどさ。とはいえ、Langはこの壁面上でKickflip Frontside Pivotを時間もかけずに完璧に決めたんだ!次はヒッピーのためにオレゴンでデモ撮っていかないとかな。(笑)めちゃくちゃいい時間だったよ、トリックもやばかった。

10:Rob GがBlunt Side Shove-itをバスケットボールのコートにある小さな堤防な場所でトリックしているところだよ。彼が旅に参加したことはすごいCoolなことで、もし機会があってノースウエストに行く事があればスケートパークとあの容赦ないデコボコしたストリートのスポットをチェックしてみて!そこにはスケートにはとっておきのネタがたくさんあるからね。Goods(スケートショップ)のSteveがいろいろなスポットに案内してくれて、すごいいい時間を過ごせたんだ。本当に感謝しているよ。そして、もちろんLRGにも、大勢の人に感謝!そして、こんないい感じこれからもやっていこうぜ!

Be the first to comment on "SLAP SKATEBOARD MAGAZINE"

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください