займы с плохой кредитной историей

Whiskey In The Jar

 

 

 

 

 

 

 

 

言わずと知れたヘヴィメタル界の重鎮 Metallica(メタリカ)が

米ウイスキーメーカー「Maker’s Mark(メーカーズマーク)」の

蒸留責任者 Dave Pickerell(デイブ・ピクレル)と

2018年に立ち上げたウイスキーブランド「Blackened(ブラッケンド)」から、

新作となるS&M2 BATCH 106が登場しました。

 

 

それがこちら

↓↓↓

 

 

 

 

「Blackened」では黒樽に貯蔵されているウイスキーに

重低音が響くMetallicaの楽曲を聴かせる(?)ことで分子運動を活発化させ、

ウイスキーをよりおいしく仕上げる“Black Noize”製法という

何とも変わった工程を取り入れており、

今回のS&M2 BATCH 106はバンドとオーケストラが共演した最新ライブアルバム『S&M2』産。

 

 

 

長年Metallicaのデザインを担当しているSquindo(スクインド)が

手がけた限定ボックスに梱包され、価格は49.99ドル。

 

 

残念ながら日本への配送は対応していないようですが、

Metallicaファンの方はもちろん音楽を聴かせた

ウイスキーの味が気になる方は公式サイトを覗いてみてください。

 

 

 

 

 

実は何かと酒絡みが多いバンド、METALLICA。

 

 

 

 

デビュー間も無い頃は、

Vo.のジェイムズ・ヘッドフィールドが酒の飲み過ぎで

ベロベロでライブで歌えてないなどなど……、

酒にまつわる武勇伝は数知れず。

 

 

 

 

 

 

こんな、呑んだくれソングも出してます。

(Thin Lizzy (シン・リジィ)のカバーですが)

 

 

 

ちなみに、このウイスキーブランドの

「Blackened(ブラッケンド)」って名前は同名の曲からです。